スポンサーリンク

問題56 夜間対応型訪問介護 第22回試験【ケアマネ試験対策講座】

第22回ケアマネ試験
この記事は約4分で読めます。



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

福祉サービス分野
問題56:介護保険における夜間対応型訪問介護について正しいものはどれか。3つ選べ。
1 事業者は、利用者へ配布するケアコール端末に係る設置料、リース料、保守料の費用を利用者から徴収することができる。
2 利用者から合鍵を預かる場合は、従業者であれば容易に持ち出すことができるような管理を行う必要がある。
3 随時訪問サービスは、利用者の処遇に支障がないときは、他の指定訪問介護事業所の訪問介護員等に行わせることができる。
4 夜間対応型訪問介護計画の作成後に居宅サービス計画が作成された場合は、夜間対応型訪問介護計画を必要に応じて変更する。
5 看護師及び介護福祉士は、面接相談員になることができる。

解答・・・3,4,5

夜間対応型訪問介護サービスというのは、
夜間でも利用者が安心して生活できるように、定期的な巡回や通報による訪問を行い、排泄の介助や日常生活上の世話などを行うサービスです。

夜間訪問サービス③
1:定期巡回サービス
2:オペレーションセンターサービス
3:随時訪問サービス

サービス提供時間
18時から翌朝8時までの間で事業所が設定
※ただし、22時から翌朝6時までは必ず含めること)

人員基準
・管理者
・オペレーター
・面接相談員
・定期巡回の訪問介護員
・随時訪問の訪問介護員

オペレーター資格者
医療系(医師、保健師、看護師、准看護師)
福祉系(介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員)

オペレーションセンター原則②
1:原則、通常業務の実施地域内に1ヶ所以上設置しなければならない。
※ただし、
利用者数が少なく、利用者からの通報を受けて適切にオペレーションセンターサービスの実施が可能であると認められる場合には、設置しないことができます。
2:原則、利用者300人につき1ヶ所以上設置しなければならない。

ケアコール端末取り扱い
利用者に配布しなければならない(原則事業者負担)
※携帯、固定電話等で通報できる体制があるのであれば必ずしも配布しなければならないわけではありません。
・通信費は利用者負担

合鍵の取り扱い
・預かっても良い(対応事前説明&文書交付必要)


加算
・24時間通報対応加算
→日中にもオペレーションセンターサービスを行う場合に算定

では、これらを踏まえて問題を見ていきましょう。

1 誤り。ケアコール端末の配布に係る費用は、事業所が負担しなければなりません。通信費に関しては利用者に負担してもらいます。ちなみに、固定電話や携帯電話などそれを使用して通報することができるものを利用者が持っている場合には、必ずしもケアコール端末の配布はしなくても構いません。

2 誤り。合鍵を預かることはできますが、その場合にはその管理方法や紛失した場合の対処等について事前に説明し、文書で交付する必要があります。誰でも持ち出すことができるようなところに置いてはいけません。厳重に管理する必要があります。

3 正しい。運営基準に規定されています。基本的には定期巡回サービスや随時訪問サービスは夜間対応型訪問介護事業所が行うこととされています。ただし、訪問介護事業所と連携を図ることにより夜間対応型訪問介護の運営が効果的に運営できる場合で、利用者さんの処遇に支障がないのならば、他の訪問介護事業所の訪問介護員が随時訪問サービスを行うこともできることになっています。
例えば、対象の利用者さんが日中もヘルパーさんを利用していて、その場合には訪問介護事業所を使っている場合などが想定できますね。

4 正しい。夜間対応型訪問介護計画は、個別援助計画です。ケアマネジャーが作成した居宅サービス計画に即して個別援助計画を作成します。
居宅サービス計画が変更された場合には、その計画の内容に即して夜間対応型訪問介護計画も変更しなければなりません。計画の作成は、オペレーターや面接相談員が行います。

5 正しい。面接相談員は、利用者の心身の状況や置かれている状況を把握するために利用者と面接を行う人です。これは、オペレーターと同様の資格を有している人です。
医療系であれば、医師、保健師、看護師(准看護師含む)
介護系であれば、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員
こうなっています。

解説は以上です。

動画解説はこちら
https://youtu.be/nkm3c-61ygc

問題56 第22回ケアマネ試験 夜間対応型訪問介護 【必勝!ケアマネ受験対策講座】



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

~ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント