スポンサーリンク

問題54 住宅改修について 第22回試験【ケアマネ試験対策講座】

第22回ケアマネ試験
この記事は約4分で読めます。



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

福祉サービス分野
問題54:介護保険における住宅改修について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 転居前に住宅改修費の支給を受けた場合でも、転居後の住宅について住宅改修費を受給できる。
2 リフトなど動力によって段差を解消する機器に係る工事の費用は、住宅改修費の支給対象となる。
3 扉の取替えに伴う壁や柱の改修工事の費用は、住宅改修費の支給対象となる。
4 ポータブルトイレの設置は、住宅改修費の支給対象となる。
5 要介護状態区分が3段階以上上がった場合は、改めて住宅改修費を受給できる。

解答・・・1,3,5

介護保険の住宅改修に関する問題です。
主に工事を伴う自宅の改修に関して20万円までを限度として、保険給付をしてもらえるものです。
基本的に、工事前に住宅改修をしたい旨の申請をして、工事後に住宅改修費の支給申請を行います。(事前申請が必要
ちなみに、新築の場合には改修とはいえないので、住宅改修の算定対象外となります。

また、自宅の改修すべてに対して保険給付が適用になるわけではなく、以下の6項目になります。

住宅改修項目
1:段差の解消
2:床材の変更
3:手すりの取り付け
4:扉の変更
5:トイレの変更
6:付帯工事

こうなっています。

1:の段差解消は、段差があるところに関して工事をすることを言います。福祉用具貸与(レンタル)に段差解消機がありますがその設置工事は工事といっていますが、含みません。コンクリートでスロープを作ったり、敷居を低くするなどの工事が住宅改修の対象となります。浴室用すのこを置くなどについても住宅改修の範疇ではありません。
2:の床材の変更はすべり防止や移動を円滑にするためにたたみの床をフローリングにしたり、すべりにくい床に変更したりすることをいいます。
3:の手すりの取り付けは、壁に設置する工事を伴うものになります。レンタルの手すりの取り付け工事は含みません。
4:の扉の変更は、開き戸を引き戸やアコーデオンカーテンに変更したり、扉の撤去やドアノブの変更や戸車の設置も含みます。ちなみに自動ドアの動力部分の設置は住宅改修の対象外ですのでこれは自費になります。
5:のトイレの変更は、和式便器⇒洋式便器への変更を指します。便座の位置や向きの変更も対象となります。ちなみに和式便器⇒洗浄式洋式便器への変更は対象となりますが、洋式便器を洋式の洗浄式便器に変更するというのは対象外です。

住宅改修項目については、
福祉用具貸与(レンタル)や福祉用具購入と似通った項目があるため。
しっかり区別をつけるために合わせて覚えるといいですね。

リセット要件
原則1つの住宅にのみ保険給付の対象となりますので、一度使えばもう利用することはできません。
ですが、以下の要件に当てはまる場合には、再度住宅改修費として保険給付が可能となります。
・転居時
・要介護状態区分が3段階上がったとき(3段階リセット)

こうなっています。
ちなみに、3段階リセットは、3区分リセットではないということを押さえましょう。
要介護状態区分というのは、要支援1・2とか要介護1とか5といった区分のことですね。
段階というのは、この区分とは異なります。以下の表で押さえましょう。

区分:支1 | 支2 | 介1 | 介2 | 介3 | 介4 | 介5 |
段階:1 |  2   | 3 | 4 | 5 ||
少し見づらいですが、区分は7区分。段階は6段階です。
要支援2と要介護1が一つの枠に入っていますので、
仮に要支援2から要介護3まで3区分一気にあがったとしても住宅改修のリセット対象にはなりません。
なぜなら、段階が2段階しか上がっていないからです。
要支援2の人が3段階リセットを適用してもらうためには、要介護4にならなければなりません。
このあたりを押さえましょう。

次に、住宅改修はオリジナルの支給限度基準額を持っています。

住宅改修費支給限度基準額
・1住宅につき20万円まで。(全国一律)
・介護予防も同一金額
・区分支給限度基準額対象外


給付方式
現金給付(償還払い)

事前申請制
利用者→市町村→施工→完成→給付
この辺りを押さえて問題をみていきましょう。

1 正しい。住宅改修は1住宅につき一回しか利用できませんが、例外があります。転居した場合と要介護状態区分が3段階あがったときです。

2 誤り。リフトなど動力によって段差を解消する機器に係る工事の費用は、住宅改修費の支給対象とはなりません。これは福祉用具貸与における移動用リフトの範疇となります。

3 正しい。住宅改修項目に含まれています。

4 誤り。ポータブルトイレとくれば福祉用具購入の項目です。住宅改修の項目にはあてはまりません。

5 正しい。要介護状態区分が3区分ではなく3段階上がったときには3段階リセットが適用になります。

解説は以上です。

動画解説はこちら
https://youtu.be/G37xku50s_0

問題54 第22回ケアマネ試験 住宅改修 【必勝!ケアマネ受験対策講座】



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

~ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント