スポンサーリンク

問題4 特定疾病について 第22回試験【ケアマネ試験対策講座】

第22回ケアマネ試験
この記事は約2分で読めます。

第22回本試験解説

問題のダウンロードはコチラからどうぞ。

介護支援分野
問題4:介護保険における特定疾病として正しいものはどれか。3つ選べ。
1 筋萎縮性側索硬化症
2 黄色靭帯骨化症
3 心筋梗塞
4 脊柱管狭窄症
5 閉塞性動脈硬化症

解答・・・1,4,5

特定疾病の問題ですね。
特定疾病は保健医療分野において、広く出題されています。
少なくともキーワードで押さえておくといいですね。

特定疾病一覧
・関節リウマチ
・脊髄小脳変性症
・閉塞性動脈硬化症
・筋萎縮性側索硬化症
・多系統萎縮症
・ガン末期
・早老症
・脊柱管狭窄症
・糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害
・後縦靭帯骨化症
・慢性閉塞性肺疾患
・初老期認知症
・進行性核上性麻痺及び大脳皮質基底核変性症ならびにパーキンソン病
・脳血管疾患
・変形性関節症(膝、腰)
・骨折を伴う骨粗しょう症

こうなっていますね。

では、問題を見ていきましょう。
1 正しい。特定疾病の一つです。骨格筋の急速な筋力低下を引き起こす病気ですね。この病気に関しては、出現する症状よりも出現しない症状についての出題も見られますね。四大陰性症状といいますが保健医療分野対策にこのあたりも押さえておきましょうね。

2 誤り。特定疾病には含まれていません。黄色靭帯骨化症というのは脊髄の後ろにある黄色靭帯が骨化して神経を圧迫し、脚の麻痺を引き起こす病気ですね。

3 誤り。心筋梗塞も特定疾病には含まれていません。心筋梗塞は狭心症と並んで「虚血性心疾患」とも呼ばれています。生活習慣病により冠動脈の閉塞をきたし、心臓細胞が壊死する病気です。脂質や等質の制限や適度な運動により生活習慣を改善することで予防できる病気でもありますね。

4 正しい。特定疾病の一つです。脊柱管狭窄症というのは、背骨にある脊柱管が狭くなることにより脊髄が圧迫されて腰の痛みや足のしびれなどを引き起こす病気ですね。

5 正しい。閉塞性動脈硬化症は特定疾病の一つです。足の血管が動脈硬化などによって細くなったり、つまることにより歩行時の足の痛みやしびれなどを引き起こす病気です。この歩行時の痛みは歩行をやめると緩和するため、「間欠性跛行」とも言います。

解説は以上です。

問題4 第22回ケアマネ試験 介護保険における特定疾病として【ケアマネ試験対策講座】
~問題こちらから~問題4:介護保険における特定疾病として正しいものはどれか。3つ選べ。1 筋萎縮性側索硬化症2 黄色靭帯骨化症3 心筋梗塞4 脊柱管狭窄症5 閉塞性動脈硬化症音声のみの解説はこちら▶イチ押し!講座案内≪記憶力倍増合宿in神戸≫【日時】...
問題4 第22回ケアマネ試験 特定疾病【必勝!ケアマネ受験対策講座】



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

~ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント