スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第21回問題2

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約3分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野

第21回本試験
問題2 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の7つの柱として
正しいものはどれか。3つ選べ。

1 若年性認知症施策の強化
2 認知症の人の介護者への支援
3 認知症の発症割合の低減
4 高度認知症の人への集中的支援
5 認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・1,2,5
***************************************

新オレンジプランは、地域支援事業の包括的新事業に
位置付けられる「認知症総合支援事業」と深く関わる
ものです。

包括的支援事業を押さえる際に出てくることが多く、
多頻度で目にしたのではないでしょうか。

これはシンプルに7つの柱が掲げられております。

その柱は、

1:認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進(普及啓発)
2:認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供(医療介護)
3:若年性認知症施策の強化(若年性認知症)
4:認知症の人の介護者への支援(介護者支援)
5:認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進(やさしい地域づくり)
6:認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、
介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進(研究開発)
7:認知症の人やその家族の視点の重視(認知症者視点)

こういうものになります。

前述の通り、これらは認知症総合支援事業と関わってくる事業で、

>認知症サポーターの養成
>認知症初期集中支援チームの設置
>認知症地域支援推進員の配置
>認知症疾患医療センターの充実
>認知症サポーター医の養成
>認知症ケアパスの作成・普及
>若年性認知症コールセンターの設置
>認知症カフェの設置

こういったことをやっています。

現在の認知症に関する行政の取り組みやキーワードを
押さえておくといいですね。

以上より、この問題の正解は1、2、5の3つになります。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/8d3LAe8m.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

新オレンジプラン キーワード7


1:普及啓発
2:医療介護
3:若年性認知症
4:介護者支援
5:やさしい地域づくり
6:研究開発
7:認知症者視点
***************************************