スポンサーリンク

【ケアマネ試験一問一答】主治意見書 診断指示について~要支援・要介護認定~【さくら福祉カレッジ】

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験、今年の受験勉強はもう始まっています

ケアマネ試験対策一問一答

要介護認定について次の記述は正しいか誤りか答えよ。
*********************************************
問題:主治医がいないときは、介護認定審査会が
医師を指定できる。
*********************************************

………

……

…

*********************************************
答え:誤り
*********************************************
市町村が要支援・要介護認定を行う際には、被保険者の主治医から
疾病、負傷の状況などについて医学的な意見を求めることとされており、
主治医意見書に所要の事項を医師に記載してもらうことになります。

もしも主治医がいない場合にはどうするのかというと、
市町村が指定した医師に診断を受け、意見書を作成してもらうことになります。

「この医師に診察を受けてください。」というのは、
介護認定審査会ではなく、市町村ですね。

ちなみに、
申請者は、医師による診察を拒否した場合、
申請そのものを却下されます。

これは、
認定には主治医意見書が必ず必要だからです。
その主治医意見書を作成するための診断を拒否するということは、
認定の意思がないものとみなされるわけですね。

もうちょっと言うと、
これは認定調査を受けるのを拒否した場合も同様です。
申請を却下されます。

併せて押さえておきましょう。

解説は以上です。
【ケアマネ一問一答】主治医意見書 診断指示について〜要支援・要介護認定〜【ケアマネ試験対策講座】さくら福祉カレッジ



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]

価格:1,540円
(2020/12/10 14:08時点)
感想(119件)

「人に伝わる伝え方を学びたい」そう思って真っ先に読んだのがこの本です。この本が言いたいときに言いたいことを言いたいように口に出していた自分の考え方を変えてくれました。 リーダーとして影響力を発揮する立場の人は、ぜひ読んでみてください。

コメント