スポンサーリンク

【デイリーコラム】締め切りはとことん短く

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験、暗記は理解を超える。

あなたはさ。

問題文を読むのは得意?

得意ですか、と聞かれると。
大抵の人は、
「私は苦手です。」

って、答えるんだけどね。

本当に苦手かどうかはともかくさ。

苦手意識。

これがあるんだよ。

でね。

こういうものというのは、
能力ではない。

才能でもない。

集中しているかどうか。
つまり、あなたの状態。

これの違い。

例えばさ。
本試験問題を1問用意するとするよ。

「今から5分で解いてください。」

こう言われたら、あなたどうする?

「あ、わかりました。」って。
「えーっと。」って。
じっくり解く。

5分だもんね。
本試験は120分。
問題数は60問だから、本番の2倍以上
余裕がありすぎるほど、ある。

じゃあさ。
「今から1分で解いてください。」

こう言われたら、あなたどう?

「え、1分!?」って。
慣れてない人なら、そうとう焦るよね。

この違いはなんだろうか。

あなたはさ、
締め切り効果って、知ってるかな。
追い込まれると、人の集中力に影響が出る、というもの。

「時間がない。」
それによって、やる気や集中力が高まるわけだよ。

学生時代の夏休みの宿題。
こういうものもそうだね。
最終日になって、必死でやる。

本来は、計画的にやる。
これが正しいんだよ。

でさ。

この時間制限を設けて集中する。

こういうものを、意識的に取り入れるの。

あなたが思っているよりもさ。

思っているよりはるかに、
人は集中していないの。

それこそ集中するという意識もないかもしれない。

かといってさ。
「はい。集中します!」
こうやってできるかというと、難しい。


だからさ、
訓練するの。

「今から5分で5問解く。」
「今から5分で7項目覚える。」

こうやって、
制限時間をつける。

何度も何度もやってるとさ。
自分の集中モードがわかってくる。

こういうものは、気合じゃないんだ。

「集中しよう。」
そう思って、簡単にできるものではない。

集中を作り出す。
そのための制限時間。

最初は焦り過ぎて、
うっかりミスを連発するかもしれない。

それでもやる。

速く、丁寧に、確実に。

これを目指して。

続ける。

問題が読めないのは、
あなたのせいじゃない。

集中する訓練。

これが足りていない。

今すぐ。

取り掛かろう。

勝負はこれからだよ。


では、また。

アキラ


独学講座生募集中
2021年ケアマネ試験 独学講座
2021年度の講座開始は5月からです。 今入会されますと、昨年度の通信講座グループへご案内します。 その中で配信された収録コンテンツや全単元動画をいち早くご覧になることができ、 早いスタートを切ることができます。 今すぐお申込み下さ...
個別受験コンサルティングのご相談は、 sakura.fukushikobe@gmail.com



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

コメント