スポンサーリンク

コラム:エネルギーは集中せよ【マルチタスクでいろいろ手に付かない人向け】

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

音声はこちら
https://kbsakura.site/1BNMSqp2.mp3

脳は考えをジャグリングする

ジャグリングというのは、お手玉のあれですね。
頭の中を考えというのは、グルグルとエンドレスで回り続けます。

考えなければならないことが多ければ多いほど、
グルグルグルグルと出てきます。

では、考えることで結論が出るかというと、
さほど変わらない。

これは特殊な例ではなく、ごくごく一般的なことです。

「あ〜、今日も勉強できなかった」
「なんであの人は私にきつく言うんだろう」
「なにか楽しいことないかなあ」
脳はとても優秀ですから、考えようと思えば無限に出てきます。

これは勉強中でもそうですね。
気になることがあるとどこか手につかなくて、あれこれ考えてしまいます。

こういったことを自分の心でコントロールすることはあんがい難しいですね。

講座にきて勉強したり、自習室やカフェでやるのは
そういった余計なことを考えずにすむからかもしれません。

状況が許すならそれでもいいですが、
もっと集中する方法があります。

「1問を1分で解く」これだけです。

60分で60問でもいいですし、5分で5問でもいいです。
60分は少し負荷が強すぎますので、
15分で15問がいいかもしれません。

本試験形式の問題を1分です。

先ほどもいいましたが、人の脳は優秀なので考えようと思えば無限です。
それをシャットアウトするためには、考える余裕を極力排除する。

1問1分で問題を解こうと思ったら、とても集中力が必要です。
気忙しくて、よそごとを考えていてはあっという間に時間がきてしまいます。

最初のうちは焦りすぎてケアレスミスも増えますが継続すればどんどんできるようになります。

「この15分はケアマネの勉強に全力集中する。」

こういった濃密な時間を過ごす経験を積むこと。
とても大事です。
1問1分。やってみてください。

では、また。


音声はこちら
https://kbsakura.site/1BNMSqp2.mp3

私が読んだ本をご紹介します

我が闘争 (幻冬舎文庫) [ 堀江貴文 ]

価格:759円
(2020/1/15 08:37時点)
感想(0件)


私は網膜剥離の入院中に、自分のマインドを変えたくてこの本を読みましたが、
ホリエモンの見方が少し変わりました。
極端思考なのは相変わらずですが、ご本人の生い立ちやライブドア時代の心境などが赤裸々に綴られています。
ビジネス書というよりは自伝といった内容です。比較的分厚いのですが、読みやすいです。
ホリエモンのマインドセットも随所に散りばめており、一度は読んでおかれるといいかと思います。

コメント