スポンサーリンク

【居宅介護支援】 課題分析標準項目  【ケアマネ試験合格講座】<音声>

居宅介護支援
この記事は約3分で読めます。

介護サービス計画作成のための課題分析標準項目として正しいか誤りか答えよ。
***************************************
問題:生活保護受給の有無
***************************************

………

……


***************************************
解答・・・正しい
***************************************
介護サービス計画というのは、要介護の方のケアプランの事ですね。

介護サービス計画を立てるに当たっては、
アセスメント。

つまり課題分析を行う必要があります。

居宅介護支援事業所が行うケアマネジメントは
大きく分けて7つのプロセスに分かれています。

ケアマネジメントプロセス7
インテーク
アセスメント
ケアプラン作成
サービス担当者会議
実施
モニタリング
終結

この7つのプロセスをたどります。

インテークで受理面接を行い、
アセスメントで本人が抱える課題や達成したい目標などを把握
ケアプランの原案を作成し、
サービス担当者会議で、各担当間で本人の課題や達成目標、現状やサービスに対する留意事項などを共有します。
ケアプランを実施し、
モニタリングでプランの実施状況や新たな課題が生まれていないか評価する。
問題がなければ終結となり、新たな問題等があればアセスメントから再度ケアマネジメントプロセスをまわしていく。

これがケアマネジメントプロセスですね。

居宅介護支援事業所がおこなうアセスメント、
つまり課題分析は、
この設問にあるとおり、

課題分析標準項目にのっとっておこなわれます。
これは23個あります。

基本情報に関する項目9個と
課題分析に関する項目14個とを併せて23個です。

基本情報に関する項目9
1:基本情報(氏名、住所等)
2:生活状況
3:被保険者情報(介護保険以外の医療や生活保護など)
4:サービス利用状況
5:障害高齢者の日常生活自立度(障害自立度ランク)
6:認知症高齢者の日常生活自立度(認知症自立度ランク)
7:主訴
8:認定情報
9:アセスメント理由(初回、退院後等)

課題分析に関する項目14
1:健康状態
2:ADL
3:IADL
4:認知
5:コミュニケーション能力
6:社会とのかかわり
7:排尿・排便
8:皮膚・じょくそう
9:口腔衛生
10:食事摂取
11:問題行動
12:介護力
13:居住環境
14:特別な状況

こうなっていますね。

設問の「生活保護受給の有無」は、

基本情報に関する項目の3番。
被保険者情報に当てはまります。

よって正解です。

課題分析と聞くと、14項目に対して問われているかと思いがちですが、
基本情報とも照らしあわせて解く問題もありますので、

ひっかからないように注意しましょうね。

解説は以上です。

音声解説はこちら
http://kbsakura.site/6hYHKP9X.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

~ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント