スポンサーリンク

コラム:エベレストを目指せ【目標設定法】

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

今日のコラムは、エベレストに登ろうとしている人は富士山に登れるか?というお話しです。

音声はこちら
https://kbsakura.site/Gu1Vpnvp.mp3

エベレストに登ろうとしている人は、
富士山に登れるとおもいますか?

おそらく、登れますね。
富士山に登ったことがなくてエベレストを目指すひとはおそらくいないかもしれません。

富士山に登ろうとしている人は、
六甲山に登ったことがあるでしょうか?

関西の方しかわからないかもしれませんが、
六甲山に限らずどっかこっかの小さい山には登ったことくらいはあるのではないでしょうか。

なにがいいたいかというと、
”自分の基準は高く持つべきだ”
ということです。

エベレストを講師の勉強をしている人
富士山を受験勉強をしている人
だとします。

合格しているかどうかは置いておいて、
勉強の質という点でも違いというものはあります。

多くの受験生は、
問題を解く時には、”自分が解けるかどうか”ここに焦点を当て、解けたら次へ。解けなければ解説を確認します。

講師は、
問題を解く時には”解けて当たり前だ”このように思って解きます。実際に不正解だった場合には、恥だと思いながら解説を確認します。正解だった場合も解説を確認します。
この違いだけです。

正解でも不正解でも、”なぜそうなるのか”
ここを妥協しない。

これが講師と受験生との違いです。

つまり、受験生はこのマインドを持つことです。

”なぜそうなるのか”
これを常に隣に置いておくことです。

正解しても不正解でも。
一言でいいから、解説を入れてみてください。
〇〇だから、正しい。
〇〇だから、誤り。
こうやってちょっとでいいので解説をつけていってみてください。

これを今からの1ヶ月続けるだけでも、
おそらく理解度は格段にあがります。

講師マインドを持った受験生として、ぜひがんばってください。

では、また。

音声はこちら
https://kbsakura.site/Gu1Vpnvp.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

〜おすすめ書籍〜

私が読んだ本をご紹介します

我が闘争 (幻冬舎文庫) [ 堀江貴文 ]

価格:759円
(2020/1/15 08:37時点)
感想(0件)


私は網膜剥離の入院中に、自分のマインドを変えたくてこの本を読みましたが、
ホリエモンの見方が少し変わりました。
極端思考なのは相変わらずですが、ご本人の生い立ちやライブドア時代の心境などが赤裸々に綴られています。
ビジネス書というよりは自伝といった内容です。比較的分厚いのですが、読みやすいです。
ホリエモンのマインドセットも随所に散りばめており、一度は読んでおかれるといいかと思います。

〜ご案内〜

2020年3月14日(土)と15日(日)の2日間で、
新資格である
『ケアマネ受験指導士』の2日間集中養成講座を開催します。
受験講座で90分話せるようにするための講義をワーク中心で実践的に学べます。
ケアマネ受験指導に特化した学習を通して、表現の重要性や人前で話す力の育成そして、
対人関係における心理、目標達成や自信の付け方など受験対策だけに留まらず、講師としてのスキルや考え方を学べる内容になっています。

ぜひご参加ください。
ちなみに、一度でも受けている方の再受講は無料です。
受験指導士お申込み専用フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S38227490/


コメント