スポンサーリンク

【デイリーコラム】当たって砕けてこそ稽古なり

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験、とことん暗記にコミットせよ

今日は、朝道場に入らせてもらったんだ。

のりぃ先生がやっていて。

たったの15分だけど、
めちゃめちゃ濃密だね。

周りの目さえ気にしなければ、
完全にマンツーだから。

30人以上は、毎回いるみたいだけどね。

その中で、自分がみんなの注目を浴びる。

相当なプレッシャーだね。


でさ。

これは、
参加している人は知っておくといいんだけどさ。


当てられる人が、
たくさんいればいるほど、

当たるのがなんでもなくなるんだ。


柔道ってさ、
投げるよね。

「えいや。」って。

でさ。

投げられることが稽古。


自分が投げてやろう、って
どんなに立ち向かっても。

師範にかかると、
ホイって投げられる。

「次はおれだ。」って。
言ったそばから、吹っ飛ばされて。

「おれ!」ポイ。
「おれ!」ポイ。

って。

それこそ、ちぎっては投げ状態。

あとに待つ道場生はさ。
もう恥ずかしいもクソもない。

投げられてナンボ。

「おれの方が痛かったぞ。」
「いや。おれだ。」って。

やられ自慢するくらい。



朝道場もさ。

こうだなと。


「失敗したらやだなあ。」
「答えられなかったらやだなあ。」て。

思うどころかさ。


投げられに行く。

「ぶん投げてください。」って。

で、ほんとに
ちぎっては投げ、ちぎっては投げされればいい。


当たって砕ける。

ホントに投げられるわけにはいかないけどさ。


派手に間違えりゃいいんだよ。

「違う!」って喝をもらう。

これでいいと思うんだ。


でさ。

こうしようと思ったら。

みんなが稽古つけてもらわなきゃ。

「おれも、私も。」って。
並ぶ。


今日はおれ。
今日はわたし。


そうやって、
みんなが投げられる。

投げてもらう。

これが稽古なんだと。

自覚する。


そうなればさ。

恥ずかしいもなにもない。


だからさ。
明日。


明日は、あなたが投げられな。

その次の日は、あなた。


どんどん代わる。

稽古場で、ちぎっては投げちぎっては投げ。

されておいで。

朝道場の道場生はさ。


きっと、
そんじょそこらの講座なんて、
へっちゃらになるくらい。

力つくね。

楽しみだよ。


では、また。


アキラ



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

コメント