スポンサーリンク

【ケアマネ試験一問一答】第23回 問題14 地域支援事業の任意事業について〜地域支援事業~【さくら福祉カレッジ】

第23回ケアマネ試験
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験、暗記はこわくない!

【】
第23回 問題14 地域支援事業の任意事業として正しいものはどれか。 2つ選べ。 ********************************************* 
1 地域リハビリテーション活動支援事業
2 家族介護支援事業
3 在宅医療・介護連携推進事業
4 地域ケア会議推進事業
5 介護給付等費用適正化事業 
*********************************************
解答…2.5

地域支援事業は三本柱です。 
1:介護予防・日常生活支援総合事業
2:包括的支援事業
3:任意事業
こうなっています。

任意事業は大きく分けて3つです。
①家族介護支援事業
②介護給付等費用適正化事業
③その他の事業

となっています。
家族介護支援事業というのは、
在宅で介護をしている家族を支援する事業のことです。
認知症高齢者の見守り事業とか、おむつ代の助成事業、介護教室の開催などを行います。

介護給付等費用適正化事業というのは、
介護給付が必要な被保険者に対して、本当に必要なサービスを適切に提供することを目的にしている事業です。
認定のチェックや、ケアプランチェック、住宅改修のチェック、医療情報との突合、介護給付費の通知をおこない、不適切な点や不正などがないかをチェックします。

その他の事業には
・成年後見制度利用促進事業
・福祉用具・住宅改修支援事業
・認知症サポーター等養成事業
 などがあります。

少なくとも、家族介護支援事業、介護給付等費用適正化事業は
押さえておきましょう。

ちなみに、
任意事業はあくまでも「任意」ですので、
市町村によって種類や内容は異なります。
 
1 誤り。地域リハビリテーション活動支援事業は、一般介護予防事業に分類されます。
2 正しい。家族介護支援事業は任意事業に含まれます。
3 誤り。在宅医療・介護連携推進事業は、包括的支援事業に含まれます。
4 誤り。地域ケア会議推進事業は、包括的支援事業に含まれます。
5 正しい。介護給付等費用適正化事業は、任意事業に含まれます。

解説は以上です。



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]

価格:1,540円
(2020/12/10 14:08時点)
感想(119件)

「人に伝わる伝え方を学びたい」そう思って真っ先に読んだのがこの本です。この本が言いたいときに言いたいことを言いたいように口に出していた自分の考え方を変えてくれました。 リーダーとして影響力を発揮する立場の人は、ぜひ読んでみてください。

コメント