スポンサーリンク

【ケアマネ試験一問一答】認定申請代行 訪問介護事業者 居宅サービス ~保険給付の手続き・種類・内容等~【さくら福祉カレッジ】

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験、地味で地道なことを嫌がらない

ケアマネ試験対策一問一答

居宅サービスについて次の記述は正しいか誤りか答えよ。
*********************************************
問題:指定訪問介護事業者は、要介護認定の申請の援助はできない。
*********************************************

………

……

…

*********************************************
答え:誤り
*********************************************
要介護認定の申請代行ができるのは主に6人です。

申請代行6
1:居宅介護支援事業者
2:地域包括支援センター
3:介護保険施設
4:地域密着型介護老人福祉施設
5:社会保険労務士
6:民生委員

となっています。
他に介護相談員なども可能ですが、
上の6人は押さえておきましょう。

ちなみに、代理申請というものもあります。
こちらは本人の代理人といった位置づけになります。

代理申請②
1:成年後見人
2:家族
こうですね。

この設問は、申請代行と援助を引っ掛けてきていますね。
訪問介護事業者は認定申請の代行はできませんが、援助はできます。
むしろ、しなくてはならないと規定されています。
引っかけではありますが、過去にも実績のある引っかけです。

【ケアマネ一問一答】指定訪問介護事業者 認定申請代行【ケアマネ試験対策講座】さくら福祉カレッジ



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]

価格:1,540円
(2020/12/10 14:08時点)
感想(119件)

「人に伝わる伝え方を学びたい」そう思って真っ先に読んだのがこの本です。この本が言いたいときに言いたいことを言いたいように口に出していた自分の考え方を変えてくれました。 リーダーとして影響力を発揮する立場の人は、ぜひ読んでみてください。

コメント