スポンサーリンク

ケアマネ試験一問一答~第23回ケアマネ試験 問題5 2017年介護保険制度改正~

第23回ケアマネ試験
この記事は約3分で読めます。

ケアマネ試験、どうやって勉強する?

ケアマネ試験対策一問一答

2020年度介護支援専門員試験 問題5

問題5 2017(平成29)年介護保険制度改正について正しいものはどれか。3つ選べ。
*********************************************
1 改正の趣旨は、地域包括ケアシステムの強化である。
2 共生型居宅介護支援を創設した。
3 市町村介護保険事業計画、自立支援、介護予防、重度化防止等への取組を記載することとした。
4 施設サービスとして、介護医療院サービスを追加した。
5 第1号被保険者の保険料に総報酬割を導入した。
*********************************************

………

……

…

*********************************************
答え:1,3,4
*********************************************

2017年の介護保険制度改正の大きな柱は次の2つです。
①「地域包括ケアシステムの深化・推進」
②「介護保険制度の持続可能性の確保」
こうですね。

住み慣れた地域で介護や医療、介護予防、住まいや生活支援を受けて
元気に暮らしましょう、というのが地域包括ケアシステムと言いますが、
これをより深く、推し進めていくということですね、

介護保険制度の持続可能性の確保というのは、
つまるところは財源の問題です。
介護保険は被保険者から集めた保険料と税金で保険給付をしています。
今後も介護保険事業を運営していくために見直しをしましょう。
ということですね。


2017年の法改正の主なポイントは、
・保険者機能強化や取り組み
・介護、医療連携推進
・地域共生社会に実現に向けた取り組み
・現役並み所得の利用者負担割合3割創設
・2号被保険者の保険料に総報酬割を導入

このあたりを踏まえて問題を見ていきましょう。

1 正しい。地域包括ケアシステムの深化・推進が介護保険制度改正の柱となっています。

2 誤り。障害福祉サービスと介護保険サービスの共生として
共生型サービスが創設されましたが、居宅介護支援はありません。
共生型サービスの類型は3つです。
ホームヘルプ、デイサービス、ショートステイにおいて認められています。

3 正しい。保険者機能の強化の一つとして、
自立支援や要介護状態の軽減、悪化防止や介護給付費の適正化のための施策や
目標について介護保険事業計画に記載することが義務付けられました。

4 正しい。介護・医療連携推進のために、介護医療院が創設されました。
現在の介護療養型医療施設は2023年度末で廃止されることになっています。

5 誤り。総報酬割は2号被保険者の保険料について導入されました。





<インデックスカード>
表:
****************************
2017年法改正 2本柱
****************************
裏:
****************************
1:地域包括ケアシステム強化
2:介護保険持続可能性確保
****************************


表:
****************************
2017年法改正 ポイント⑤
****************************
裏:
****************************
1:事業計画に施策、目標記載(要介護軽減、悪化防止)
2:介護医療院創設
3:共生型サービス創設(ホームヘルプ、デイサービス、ショート)
4:現役並み3割負担
5:介護納付金総報酬割導入
****************************
【2020ケアマネ試験】問題5 2017(平成29)年介護保険制度改正について正しいものはどれか。【ケアマネ試験対策講座】さくら福祉カレッジ



ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

コメント