スポンサーリンク

コラム:教えることの効用とは

この記事は約2分で読めます。

音声はこちら
https://kbsakura.site/lHS31xTu.mp3

インプットだけでも、アウトプットだけでもダメ。

私がケアマネの資格を取ったのは、2006年。
もう14年も前。

当時は勉強の仕方もよくわからず、
Uキャンのテキストを2周して概要を把握し、
基本問題集の難解さにつまづきまくり、
ノートにひたすらキーワードを書きまくり、なんとかかんとか合格しました。
あの頃にさくら福祉カレッジがあればどれほど助かっただろうと思います。

教える教師がいて、
これをやりなさいという教材がある。
そして人が集まる教室。
この3つがある。

こういう環境の中にいかに身を置くか。
当時の自分に叩き込んでやりたいです。

そんな私も、今では受験勉強を教える身です。

でね。
近々、生徒さんから教わることになったの。
認定の単元。
その生徒さんからの申し出で。


個別指導の時間を使って、私に講義をする。

生徒さんが私に対して講義をするんだよ。
普通は逆だって思うでしょ?

普通は逆かもしれない。

「アキラ先生に講義という形でアウトプットしたい。」

この方受験生です。
なんで受験生が講義をするのか。

疑問に思うかもしれません。

だけど、
『教わる』よりも『教える』のほうが、
断然理解が深くなります。

何も教わらないうちから教えることなんてできないかもですが、
『教える』前提で教わるの。

「あの人にちゃんと伝えないと。」
こう思って教わるの。

自分が授業を受けて理解できるかどうかっていうのは、あくまでも自分の問題ですよね?
わかるもわからないも、自分が困るだけ。


だけどもし、「授業を受けたものを会社の仲間に10分間フィードバックで発表しなければならない」
こうなったらどうする?

介護保険事業計画の授業受けたんでしょ?と。
みんなに10分間、概要を説明してね、と。

「どうやんのよ?」と、おもいますよね。
おそらく、授業の内容を思い出して、ノートも見返して。
「え?ここ私なんて書いてるのよ。全然読めない!」とかって言いながら、
一生懸命内容について思い出す。
問題も解いてみたりして。

そうやってなんとか10分間乗り切るの。

でね。
その10分間の発表が終わった後、一番内容を理解してるのって、
誰だと思う?

おそらく発表をしたあなたですよ。
そもそもの授業をした私と同じくらい、あなたが理解している。

これが本質だよ。

教わってもわからない。
何度聞いてもわからない。

あなたが誰かに教えるとしたら、
それでもわからないのか。

やってみてください。

では、また。

音声はこちら
https://kbsakura.site/lHS31xTu.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

≪オンラインカンヅメ勉強会のご案内≫
10月5日21時~
10月7日21時~

ZOOMを使って、オンライン自習会を開催します。
直前期は、受け身型の講義によるインプットではなく、
徹底的なアウトプットが重要です。
自分がどこをわかっていて、どこがわからないのか。
わからないところを徹底的にわかるようにし、
解けるところまで昇華させる。

たった一人で自宅でやるのも、環境は同じですが、
オンラインでリアルにつながりながら勉強しませんか?

質問があればその場で講師に聞くことができます。
自分のわからないを発見し、徹底的に克服しましょう。

当日の授業は完全自習型です。
講義はありません。自分の勉強している問題を持ち寄り、
ひたすら自習です。

さくらの通信講座でも毎週実施していたこのスタイルで、
直前期を最後まで駆け抜けましょう。

お申し込みはこちら
https://kbsakura.site/online


10月7日の日中は、
神戸の兵庫福祉センターで、10時~16時半まで会場にてカンヅメ勉強会を開催しています。
日中のオンラインをご希望の場合には、こちらのほうを申し込んで下さい。

5日、7日の21時~は2回で1セットです。

≪さくらの通信講座のご案内≫
毎日のワンポイント動画と月に2回の講師とのオンライングループワーク、週1回のオンライン勉強会、自宅学習に最適の解説動画、全単元の重要ポイントを押さえた問題冊子全てがはいった講座です。
詳細はこちら
https://kbsakura.site/tsusin

~その他ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント