スポンサーリンク

コラム:弱さを知り強さに替えよ

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

音声はこちら
https://kbsakura.site/uQD5VRUC.mp3

ケアマネ試験の攻略は自分を知ることから

自分の弱さにたいして、人は「だめだなあ」と思いますね。
だめだなあ、と落ち込んだり反省したりするわけです。

暗記なんかもそうですね。
一所懸命覚えたのに、朝起きたら大半あたまから抜けてる。
それで「なんて私は暗記力がないんだ」といやになっちゃう。

でも人には覚える能力と同時に忘れる能力も持っていますから。
朝起きたら大半忘れてるとすればそれは正常ですね。

忘れるのが普通です。
でもそれに対して人は落ち込みます。
「あんなに頑張ったのに!」と。
でも、忘れる前提で覚えたとしたらどうでしょうか?

忘れていてもまあ想定内のこととして整理がつくでしょうし、
覚えて忘れてをくりかえすうちに、記憶はどんどん強化されていきます。

結局、暗記力がないわけではなく繰り返した数が足りなかったことに気づく。

こういうふうに強くなっていきます。


暗記に限らず、自分がわかっていない問題や、
理解できていない項目があると、苦しいですね。

「なぜわからないんだ」と。
「こんなに教わっているのに」と。苦しくなったりする。

でもそれを知ることが大事なんです。
自分の弱いところがわかる。
自分の弱いところが言語化できる。

これが大事。


講師をやっていると、自分がわかっていることいないこと。
これを常に自覚させられます。

質問を受けたとき、授業をしているとき、問題を解いているとき。
「まだまだわかっていないな。」と感じます。

一生懸命しらべたり、動画を見返したり、テキストを読んだりします。
そうやって今があり、これからがあります。

みんなと同じでしょ?
講師もそうやって強くなる。

受験生も同じ。
何度教わろうが、何度忘れようが、
それを自覚して、改善すればいい。

覚えてなくても覚えるまでやればいい。

みんな誰しも弱い所はありますから。
それを自覚できることこそ、強さの始まりです。

落ち込みは少し横においておいて
自分の弱いところをただ、知ってください。

そこにあなたが強くなるチャンスがありますね。

では、また。

音声はこちら
https://kbsakura.site/uQD5VRUC.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

〜ご案内〜

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント