スポンサーリンク

【介護保険財政】1号保険料 徴収者 【ケアマネ試験対策講座】

ケアマネ本試験解説
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ試験の合格のためには正しい努力を継続すること

【介護保険財政】1号保険料は誰がどうやって徴収する?〜特別徴収と普通徴収について〜 【ケアマネ試験対策講座】

介護保険財政について、次の記述は正しいか誤りか答えよ。

*********************************************
問題:第1号被保険者の保険料に係る特別徴収は、国民健康保険の保険者が行う。
*********************************************

………

……

*********************************************
答え:誤り
*********************************************

第1号被保険者の保険料にかかる特別徴収は、介護保険の保険者である市町村が行います。

国民健康保険の保険者、つまり医療保険者が徴収するのは、2号保険料です。医療保険者としてはほかには全国健康保険協会(協会けんぽ)とか健康保険組合などがあります。

特別徴収というのは、年金天引きです。
年金保険者を通して市町村が徴収するものを特別徴収といいます。

1号保険料の徴収方法にはもう一つ。
普通徴収というのがあります。

以下をご覧ください。

年金を通るルートと通らないルート、2つありますね。
特別徴収は、年金天引きという特別な徴収方法です。
普通徴収は、市町村が「いついつまでに、いくらはらってください」と書いた紙を被保険者に送付して、自分で銀行やコンビニに行って払ってもらうものです。

この特別徴収と普通徴収ですが、
どちらか好きな方法を選ぶ、という事にはなっていません。
明確に線引きされています。

それは何かというと、
『年金年額18万円以上あるかないか』
ここで区別されています。

年金の年額が18万円以上ある方は、必ず特別徴収になります。
そうでない方は必ず普通徴収になります。
徴収方法というのは、選択不可である点について押さえておいてください。

ちなみに、
ここでいう年金の年額は、
老齢年金・障害年金・遺族年金の合算になります。

普通徴収は、銀行やコンビニで自分で払いにいくといいましたが、
これは市町村が送付する”納入通知書”をもって被保険者が行います。
納入通知書には、納付期限や納付金額が記載されています。
この納付期限のことを『保険料の納期』『徴収猶予』と言ったりします。
これを決めるのは誰ですか?

当然、納入通知書を送付する市町村ですね。

このあたりを押さえておくといいかと思います。

解説は以上です。

動画解説はこちら
https://youtu.be/5h0EHAHrBLk




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]

価格:1,540円
(2020/12/10 14:08時点)
感想(119件)

「人に伝わる伝え方を学びたい」そう思って真っ先に読んだのがこの本です。この本が言いたいときに言いたいことを言いたいように口に出していた自分の考え方を変えてくれました。 リーダーとして影響力を発揮する立場の人は、ぜひ読んでみてください。

コメント