スポンサーリンク

コラム:毎日やるのはつらい?

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

音声はこちら
https://kbsakura.site/RKSw8Feq.mp3

ケアマネ試験を制するには習慣を制すること

あなたは毎日何かをする、という習慣は持っていますか?

毎日やるということは、
休まない。
ということですよね。

毎日やると決めることは、
休めなくなる。

このように考えると、どうでしょうか?

「なんか無理かも。」

このように思ってしまいますね。

人は想像力がありますから、
毎日やることによってどんなマイナスが起こるかを想像します。

そして休めないのはいやだと、
「週に1回からはじめよう」となるわけです。

それが決して悪いわけではありません。

ただ、1週間のうち6日はやらない日で、1日がやる日だとすると、
そのやる日は相当苦しいはずです。

やらない日はよくても、やる日は相当の決意がいる。
「さあ、やらなきゃ。今日はやらなきゃ行けないと決めた日だ。」と。

私のこのコラムもそうでした。
「やれない日があっていい」と。

そんな風にしていました。
現にやったりやらなかったり。

「今日もできなかったな」
「明日はやろう」
「ああ、今日やらないと。昨日もやっていない。」
もう毎日苦しくてしょうがなかったです。

なので、「毎日やる」に変えました。

選択肢があると迷います。
ショッピングとかなら楽しいかもしれませんが。

「毎日やろう」
選択肢をあえて狭める。

このほうが私は楽でした。
歯磨きをするようにコラムを作る。

この状態にまでは到達できてはいませんが、
「あ〜。今日もやらなきゃっ!!」
といったようなことはなくなりました。

「やるのが普通」
あとは、時間をみつけ、タイミングを見つけ、場所を見つけてやる。
淡々とやる。

これの繰り返しです。

「勉強を毎日するのはいやだ。」
こんな風におもうかもしれません。

毎日1時間と考えているのか、毎日1問と考えているのか。
それはわかりませんが、毎日1問だっていいと思います。
続くものとして考えてみること。

「これならできるかな。」と考えてみるといいかと思います。

1日にやるのはごくわずかでも、
振り返るととんでもない数が積み上がっています。

今動くこと。
これがもっとも大事です。

まずやること。
それは「毎日やろう。」
それを口に出すこと。

何をどれくらい、毎日やるかはそれから決めればいい。

参考にしてみてください。

では、また。

音声はこちら
https://kbsakura.site/RKSw8Feq.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

〜ご案内〜

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント