スポンサーリンク

コラム:暗記は力なり

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

音声はこちら
https://kbsakura.site/CiKrQ7XV.mp3

ケアマネ試験における暗記はした方がいいのではなく、必須です

覚えているというのは力です。

ケアマネ試験においては、問題さえ解ければ問題ないと。
そのように思うかもしれません。

たしかに、解ければいいです。

ですが、暗記を怠っていては本番の試験ではおそらく確信をもって解答するということは難しいかと思います。

多くの人は、
「大枠はつかんでいるから」
「見たらわかるから」
こういった理由で、暗記と向き合うことを避けてしまいます。

人は痛みを避けて快楽を得る生き物ですから、
おそらくそういった方にとって暗記というのは痛みなんだろうなと思います。

日常生活であればそれも良しかもしれませんが、
合格しなければならない状況では避けてばかりもいられませんし、
できるなら痛みではなく快楽に転換しなければ続きません。

まず暗記が好きになる方法。

それは、暗記することです。
なんでもいいから、キーワードを覚えてしまうことです。
「自分はすごい」「覚えられた」「まだ覚えてる!」
という実感をすることです。

えらそうに言っていますが、
私も講師2年目までは暗記をおろそかにしていた一人です。
「大枠はつかんでいるから」
「みたらわかるから」と、必死で覚えようとはしていませんでした。

キーワードでもなんでも
覚えているというのは力です。

試験で実力を測るには点数しかないかもしれませんが、
覚えているというのは圧倒的です。

覚えているかそうでないか。
これがはっきりするからです。

そして、暗記は能力がいりません。
努力さえすればだれでもできます。

こんな評価のしやすいアクションはないですね。

ぜひトライしてみてください。

ちなみに、
「覚えるのが苦手」という方の多くは、
忘れることによるショックです。
朝起きたら覚えていないという喪失感。

これでやられます。
「私は暗記の能力がないのだ」と。
こう思ってしまいます。

暗記は、”覚える”と”忘れる”がセットです。
忘れたころにまた覚える。
少し忘れたころにまた覚える。
この繰り返しでどんどん記憶は強化され、忘れにくくなります。

忘れることを前提において、
覚えることにトライしましょう。

では、また。

音声はこちら
https://kbsakura.site/CiKrQ7XV.mp3




ブログランキングに参加中です。ポチっとしてくれるとよろこびますっ!^-^
資格受験ランキング

~ご案内~

KIPケアマネ受験合格フルコースプログラムのお知らせ

2020年ケアマネ試験対策として始動しています。
KIP合格特化型プログラム
概要説明はこちら
https://kbsakura.site/kip2

あなたの現在地を確認しましょう。
無料電話受験診断申し込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S99258405/

コメント