スポンサーリンク

【マインドセット:今ある癖は本番でも同様にでる】(試験当日になるとお腹が痛くなったりするナイーブな方向け)

デイリーコラム
この記事は約2分で読めます。

アキラです。

今日のテーマは、「今ある癖は本番でも同様にでる」です。
https://kbsakura.site/ZfHaW0Rv.mp3

追い込まれた時ほどいつもの自分が出る

試験勉強をしているとよく、問題を読み違えたり勘違いしたり。
ケアレスミスがおきますね。

実は、ケアレスミスは全くケアレスではなく、割と重要です。
うっかりミスが起きるのは、大抵さらっと問題を読んで解いていたということが多いです。

では、本試験においてはどうかというと、
緊張もするし、時間がなくて焦るし、周りの人たちのページをめくる音などでざわざわします。

その中で問題を読むわけですから、相当追い詰められています。
そうすると、さらっと問題を読んでしまう癖や、勘違いしてしまう癖がでてきてしまいます。

対策は簡単です

これを治す方法は、シンプルです。

日頃からテンパることに慣れておくこと。
気ぜわしく問題を解く訓練を日常的に行うことによって、
自分が焦っている状態でもちゃんと問題を読めるようにするのです。

一番手っ取り早いのは、「時間に制約をもうけること」
試験時間が1問2分ペースなのであればその半分の1問1分で解く練習を取り入れる。

時間に追われつつ、正解を導く訓練をしていると、知らず知らず
焦っていても問題に集中できるようになります。

勝敗はいつもの自分が出せるかどうか

試験でダメだった方の多くが、
本番でいつもの力を出せなかったと言っています。

それくらい、本番では冷静さを欠きます。
逆に言えば、どんな状況でもいつもの実力がだせればいいわけです。

なのでじっくり問題を解いて、知識をつけることも大事。
ですがあえてスピーディに解いて少し不安定な状態で問題と向き合うようにする。

イレギュラーに強い自分を作っておくと、強いです。

というようなことを、さらっと話しています。
よかったらお聞きください。

では、また。
https://kbsakura.site/ZfHaW0Rv.mp3

コメント