スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座 】第151日 介護認定審査会 業務

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

【ケアマネ受験対策講座 】
介護支援分野 第151日

介護認定審査会について、正しいか誤りか答えよ。
問題:
市町村が共同設置した介護認定審査会の業務は、認定調査および審査・判定である。

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・誤り
***************************************

市町村単独で介護認定審査会を開催することが困難な場合には、

近隣の市町村で共同で介護認定審査会を設置したり、
都道府県にたのんで、都道府県介護認定審査会を開催してもらったりします。

ですが、
たとえ、
共同設置しようが、都道府県が設置しようが、

介護認定審査会の業務は、
「審査・判定」です。

新たに能力が追加されるわけではありません。

要介護認定は、3ステップです。
1:(認定)調査
2:審査・判定
3:認定

この3ステップですね。

このうち、
市町村は、1:調査、3:認定
介護認定審査会は、2:審査・判定

を行います。

これをまずは押さえましょう。

複数市町村の共同設置や、都道府県介護認定審査会ですが、
「要介護認定の広域的実施」

とも言います。

介護認定審査会委員の確保や、
近隣市町村での公平な判定、
認定事務の効率化。

こういったことが主な目的になっています。

これも過去出題されたことがありますね。

少し、頭に残しておくといいですね。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/ug5ATvfG.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

認定3ステップ


1:調査
2:審査・判定
3:認定
***************************************

認定3ステップ 市町村業務


調査
認定
***************************************

認定3ステップ 介護認定審査会業務


審査・判定
***************************************

認定 広域実施の目的3


1:委員確保
2:公平な判定
3:事務効率化
***************************************

コメント