スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座 】第95日 地域包括業務 包括的支援事業

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

【ケアマネ受験対策講座 】
介護支援分野 第95日

地域包括支援センターの業務として、正しいか誤りか答えよ。
問題:
居宅介護支援事業所開設の許可

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・誤り
***************************************

地域包括支援センターは、
包括的支援事業を行うために、

2006年、地域視線事業創設と同時に作られました。

他にも、
保険給付事業の介護予防支援や、
地域支援事業の第1号介護予防支援、介護予防把握事業などを、

市町村から委託を受けておこなっています。

この問題の
指定居宅介護支援事業所の開設許可などは
行なっていませんね。

そもそもその権限がありません。

居宅介護支援事業所の開設許可や指定、
指定の更新や指定取消、効力停止、指導監督、名称の公示。

これらの権限を持ち合わせているのは、

行政機関である市町村と都道府県です。

市町村は、
居宅介護支援、介護予防支援、地域密着型サービスに対して、
権限を有しています。

都道府県は、
居宅サービス(介護予防サービス)、介護保険施設に対して、
権限を有しています。

設問の居宅介護支援事業所の開設許可は、
市町村が権限を持っていますね。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/jdw1V0xZ.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

地域包括業務4


包括的支援事業
介護予防支援
第1号介護予防支援
介護予防把握事業
**********************


行政機関 権限6


1:指定
2:指定更新
3:指定取消
4:効力停止
5:指導監督
6:名称公示
***************************************

市町村 権限範囲


居宅介護支援
介護予防支援
地密サービス
***************************************

都道府県 権限範囲


居宅サービス
介護保険施設
***************************************

コメント