スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第35日 調整交付金 割合

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野  第35日

介護保険財政について、正しいか誤りか答えよ。
問題:
調整交付金は、各市町村の第1号被保険者の所得の分布状況を勘案して交付される。

***************************************
解答・・・正しい
***************************************

介護保険の財源は、被保険者から集めた介護保険量も財源に含まれるので、
原則保険料50%、公費(税金)50%

となっています。

そして、さらに細かく見ていくと、

居宅サービスの財源は以下のようになっています。
保険料50%→1号23%、2号27%
公費50%→国25%、都道府県12.5%、市町村12.5%

こうなっていますね。

国が負担する25%は、
20%と5%にわかれています。

20%のことを一律交付金
5%のことを調整交付金といいます。

一律交付金というのは、各市町村に一律に交付されるお金です。
調整交付金というのは、各市町村の財政状況を勘案して割り振られるお金ですね。

市町村によって、財政格差があります。
お金持ち市町村もあれば、
貧乏市町村もあるわけです。

低所得者が多くて、介護保険料が思ったより集まらなかったり、
後期高齢者が多くて、介護給付費をたくさん払うことになったりすると、

当然、その市町村の財政は苦しくなりますね。

反対に高所得の高齢者が多くて、介護保険料が多く集まったり、
後期高齢者が少なくて、介護給付費の支払いが少なくて済むと、

その市町村は、財政的に潤いますね。

このような財政格差を埋めるために、調整交付金というものがあります。

千葉市のように、1号保険料だけで1号の負担率23%を確保できるようなところには、
1.2%くらいしか調整交付金を渡しません。

ですが、前述のように財政的に苦しいところには、7%くらい渡します。

そうやって、バランスを取るわけですね。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.work/8yxx

インデックスカード暗記
***************************************

介護保険(居宅サービス)財源


保険料50%:1号23%、2号27%
公費50%:国25%、都道府県12.5%、市町村12.5%
***************************************

介護保険財源 国25%内訳


一律交付金20%
調整交付金5%(1号所得、後期高齢者)
***************************************

コメント