スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第21回問題44

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約3分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野

第21回本試験
問題44 介護医療院について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 要介護3以上の者のみが利用できる。
2 介護医療院の創設に伴って介護療養型医療施設が廃止されるのは、2020年度末である。
3 長期療養が必要な者に対し、必要な医療及び日常生活上の世話を提供する施設である。
4 多床室の場合は、カーテンのみで入所者同士の視線等を遮断し、プライバシーを確保できればよい。
5 主として長期にわたり療養が必要である者であって、重篤な身体疾患を有する者等を入所させるⅠ型療養床と、それ以外の者を入所させるⅡ型療養床がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・3,5
***************************************

介護医療院というのは、
要介護者であって、主として長期に渡り療養が必要である者に対し、施設サービス計画に基づいて、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療ならびに日常生活上の世話をおこなうことを目的とした施設です。

介護療養型医療施設と介護老人保健施設の
両方の顔を持つような施設ですね。

これは、
介護保険施設の一つになります。

都道府県から、
介護保険法上の開設許可を受けて運営しています。

では、設問を見ていきましょう。

1:誤り。介護医療院の対象者は、要介護者で長期療養が必要な方ですね。
要介護1でも2でも利用可能です。

2:誤り。介護療養型医療施設が廃止されるのは、2024年です。
介護医療院への転換を行うこととされています。

3:正しい。これがその通りですね。

4:誤り。カーテンのみで仕切られているだけでは、プライバシーの十分な確保とは言えません。
運営基準において、
多床室の場合には、家具、パーティション、カーテン等の組み合わせにより、室内を区分することで、入所者同士の視線等を遮断し、入所者のプライバシーを確保することと定められています。

5:正しい。療養床のうち、主として長期にわたり療養が必要である者であって、重篤な身体疾病を有する者、身体合併症を有する認知症高齢者等を入所させるためのものを、Ⅰ型療養床といいます。
そこまでいかない者を対象とするのを、Ⅱ型療養床といいますね。

Ⅰ型が療養病床機能、
Ⅱ型が介護療養型老健相当
とイメージしておくと良いかと思います。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/re843Cym.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

介護医療院 利用対象者


要介護者
***************************************

介護療養型医療施設 廃止


2024年3月末
***************************************

介護医療院 プライバシー確保


家具、パーティション、カーテン組み合わせ
***************************************

介護医療院 累計


Ⅰ型(療養機能強化型)
Ⅱ型(介護療養型老健相当)
***************************************