スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第21回問題39

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約2分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野

第21回本試験
問題39 死亡診断書を交付することができる資格として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 医師
2 看護師
3 介護支援専門員
4 歯科医師
5 介護福祉士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・1,4
***************************************

死亡診断書というのは、人が亡くなったということを医学的に、そして
法律的に証明するものです。

これを作成するにあたっては、
死亡に関する医学的、客観的な事実を正確に記入しなければなりません。

そのため、
この死亡診断書を書くことができるのは、
医師、もしくは歯科医師のみとなります。

医師法、歯科医師法において、
診断書の交付の求めがあった場合には、
作成し交付する義務がありますね。

1:正しい。医師は、死亡診断書を交付することができます。

2:誤り。看護師は、死亡診断書を交付できません。

3:誤り。介護支援専門員は、死亡診断書を交付できません。

4:正しい。歯科医師は、死亡診断書を交付することができます。

5:誤り。介護福祉士は、死亡診断書を交付できません。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/Z7Z5lQJh.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

死亡診断書 交付義務2


医師
歯科医師
***************************************

***************************************

***************************************

コメント