スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第21回問題28

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約4分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野

第21回本試験
問題28 感染症と感染経路の組み合わせについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 結核ー空気感染
2 疥癬ー飛沫感染
3 インフルエンザー空気感染
4 腸管出血性大腸菌感染症ー接触感染
5 流行性耳下腺炎ー飛沫感染

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・1,4,5
***************************************

感染経路は大きく分けて4つです。
1:接触感染
2:飛沫感染
3:空気感染
4:媒介物観戦

こうなっています。

接触感染というのは、
感染源になっている人に接触することで感染することを言います。

飛沫感染というのは、
感染源の人が咳やくしゃみをして、その際に飛び散った飛沫を
吸い込むことにより感染することをいいます。
水分を含んでおり、すぐ地面に落ちます。
インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎、風疹、流行性耳下腺炎などが飛沫感染で起きます。

空気感染というのは、
空気中に漂う粒子を吸い込むことにより感染することをいいます。
人が咳やくしゃみをした飛沫(しぶき)が乾燥して飛沫核となります。それが空気中を漂い、その飛沫核を吸入することで感染します。
結核や、麻疹、水痘などが空気感染で起きます。

媒介物観戦というのは、
汚染された水や食品、血液、昆虫などを介して感染することをいいます。

1:正しい。結核とくれば、空気感染ですね。
空気感染というのは、
空気中に漂う粒子を吸い込むことにより感染することをいいます。
人が咳やくしゃみをした飛沫(しぶき)が乾燥して飛沫核となります。それが空気中を漂い、その飛沫核を吸入することで感染します。
結核のほかに、麻疹、水痘なども空気感染で起きます。

2:誤り。飛沫感染というのは、感染源の人が咳やくしゃみをして、その際に飛び散った飛沫を吸い込むことにより感染することをいいます。
疥癬は、ヒゼンダニが原因です。これは感染した人に直接接触したり、感染者が使用したシーツや衣類に触れることで感染します。

3:誤り。インフルエンザの感染経路は、
飛沫感染と接触感染です。
飛沫感染というのは、感染源の人が咳やくしゃみをして、その際に飛び散った飛沫を吸い込むことにより感染することをいいます。
水分を含んでおり、すぐ地面に落ちます。

接触感染は、
感染者が咳やくしゃみをする際、
手で口を覆うなどして、ウイルスがついた手で
あちこち触ることにより、別の人が同じ場所を触って感染することをいいます。

いずれにせよ、空気感染ではありません。

4:正しい。腸管出血性大腸菌感染症、
これは、聞き馴染みがあるものでいうとO-157などのことですね。
腸管出血性大腸菌によって引き起こされる感染症を腸管出血性大腸菌感染症と言います。
大腸菌の中でも、病原性を持っており、
ベロ毒素という強い毒素をだすものを腸管出血性大腸菌といいますね。
これは、経口感染や接触感染で感染します。
経口感染は、
汚染された食品を食べた場合や、
汚染された調理器具を使って調理された食品を食べた場合などに感染することをいいます。

接触感染は、感染者のふん便処理後の手洗いが不十分で、
汚染した手から菌が自分の口に入って感染したり、
感染者が触れたところに付着した場所に触れることで、菌が自分の手について、感染したりすることをいいます。

5:正しい。流行性耳下腺炎というのは、
いわゆるおたふくかぜですね。
ムンブスウイルスというウイルスに感染して、
耳下腺が腫れ、発熱を伴って耳下腺が腫れるものですね。
主な感染経路は、飛沫感染や接触感染です。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/ZTQpbnuw.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

結核 感染経路


空気感染
***************************************

疥癬 感染経路


接触感染
***************************************

インフルエンザ 感染経路


飛沫感染、接触感染
***************************************

腸管出血性大腸菌感染症 感染経路


経口感染、接触感染
***************************************

流行性耳下腺炎 感染経路


飛沫感染、接触感染
***************************************