スポンサーリンク

【ケアマネ受験対策講座】第21回問題12

一問一答ケアマネ受験対策講座
この記事は約5分で読めます。

ケアマネ受験対策講座
介護支援分野

第21回本試験
問題12 財政安定化基金について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 財源の負担割合は、国2分の1、都道府県4分の1、市町村4分の1である。
2 基金事業交付金の交付は、介護保険事業計画期間の最終年度において行う。
3 基金事業交付金の額は、介護保険財政の収入不足分の全額に相当する額である。
4 基金事業貸付金の償還期限は、次期市町村介護保険事業計画期間の最終年度の末日である。
5 基金事業貸付金は、償還期限までの間は無利子である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************
解答・・・2,4,5
***************************************
財政安定化基金というのは、
市町村の財政が苦しい時に、お金をくれたり(交付)、貸してくれたり(貸付)する銀行のようなところですね。

財政安定化基金で押さえておくべきポイントは、
>設置
>財源
>貸付・交付
>返済

ですね。

設置、とくれば、都道府県です。
財源、とくれば、国・県・市が3分の1ずつ負担します。
この市町村が負担する3分の1は、各市町村の第1号保険料から拠出されます。
貸付・交付は、2パターンです。
1:全額貸付パターン
2:半分貸付、半分交付パターン
こうなっています。

全額貸付になるのは、見込みを上回る介護給付費の増大により、財政状況が苦しくなったときです。
見込み以上の支出が増えた時、とも言えますね。
本来は、介護保険事業計画で向こう3年のサービスの見込み量を立てます。その見込みが甘いせいで、支出が増えたわけですから、自己責任ですね。
この場合には、「自己責任だから、全額貸しね。」となります。

半分貸付、半分交付になるのは、通常の努力をしてもなお保険料収入が減少したことにより、財政状況が苦しくなったときです。
普通徴収の人に対して、きちんと支払い指示をしているにも関わらず、払ってくれない、など市町村の努力だけでは解決しようのない状況を考慮して、半分は「あげるよ。」となるわけですね。

借りたものは返済義務がありますが、
これはキーワードで押さえましょう。

「翌期(次期)3年で分割返済」
こうですね。

介護保険事業計画は3年一期です。
今は第7期ですね。
2018年4月から7期が始まっています。
今貸付を受けた場合には、

翌期なので、第8期事業計画の時に毎年返済することになります。

では、問題を見ていきましょう。
1:誤り。財源の負担割合は、国・県・市が3分の1ずつですね。

2:正しい。交付、つまり「あげるよ。」というお金が、
基金事業交付金です。返済義務のないものです。
この交付事業は、常に介護保険事業計画の3年間のうち、最終年度に行われることになっています。

3:誤り。基金事業交付金、はつまり交付。「あげるよ」のお金のことですね。これは全額交付というのはありません。
半分交付か、交付なしかのどちらかですね。

4:正しい。基金事業貸付金、つまり貸付を受けたお金ですね。
償還期限というのは返済する期間ということになります。
返済、とくれば「翌期3年で毎年分割」ですね。
当然、その償還期限(返済期限)もその3年の最終年度の末日になりますね。

5:正しい。交付事業は、事業計画の最終年度ですが、
貸付事業は毎年実施されます。
3年間のどこでも貸付はしてもらえます。
そして、これは「無利子貸付」となっています。

解説は以上です。

音声解説はこちら:
http://kbsakura.site/T8KnNzhs.mp3

インデックスカード暗記
***************************************

財政安定化基金 ポイント4


1:設置
2:財源
3:貸付・交付
4:返済
***************************************

財政安定化基金 設置


都道府県
***************************************

財政安定化基金 財源


国・県・市が3分の1ずつ
***************************************

財政安定化基金 財源 市町村拠出分


1号保険料
***************************************

財政安定化基金 貸付・交付 パターン2


1:全額貸付
2:半分貸付・半分交付
***************************************

財政安定化基金 全額貸付パターン


給付費増大(見込み違い)
***************************************

財政安定化基金 半分パターン


保険料収入減少
***************************************

財政安定化基金 返済期限


翌期3年分割(最終年度末日まで)
***************************************